シロアリ駆除でお困りの方は、安く安心なシロアリメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どこよりも安く確実なシロアリ駆除シロアリメンテナンス

ブログ

【最新】失敗しないシロアリ駆除業者の選び方!費用面やメリット・デメリットも徹底比較

シロアリ駆除の豆知識
2019.03.22

住宅の経年劣化と共に一度は不安になる「シロアリ被害」。

そんなときに、真っ先に頼りにしたいシロアリ駆除業者ですが「悪質業者の存在」や「業者そのものが非常に多くどこに依頼すれば良いの?」と切実なお悩みを抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

「1年でも安くシロアリ退治をしたい」

ここでは、そうお考えの方に知って頂きたい「失敗しないためのシロアリ駆除業者の選び方」をご紹介します。

まず、最初にお伝えしますがシロアリ駆除には10〜20万円ほどの費用が必要です。

価格だけを決め手にするのではなく、シロアリ業者の特徴も理解しましょう。

業者別シロアリ駆除費用徹底比較!

シロアリ駆除業者 施工料金
全国農業協同組合連合会(JA) 8,500〜9,500円/坪
株式会社ダスキン 8,000円/坪
株式会社カインズ 5,980円/坪
WEB掲載の施工業者 4,000円/坪
地域密着型中規模業者 6,000〜9,000円/坪

いかがでしょうか。

上記のシロアリ駆除費用は、坪単価での表記となり、最も割高に感じるのが「全国農業協同組合連合会」いわゆるJAです。

次に、「株式会社ダスキン」や「株式会社カインズ」と続きます。

一見すると、地域に密着しているJAや全国展開しているダスキン、カインズが圧倒的シェアを確立しているから、割安にシロアリ駆除をしてもらえるのではないかと感じる方も多いですよね。

しかし、現実はその真反対で割高となっています。一体この現象はどのような仕組みで起きているのでしょうか。

おそらく、「JAやダスキン、カインズは、シロアリ駆除の施工技術が高いから、それに伴って費用も割高なのでは?」と推測できるかもしれません。

もちろん、それも関係はしていますが、それ以上にその謎を解明するためのヒントが、次章でご紹介する「全国シロアリ駆除費用の相場データ」で明らかとなっています。

シロアリ駆除費用の全国相場について

シロアリ駆除費用の全国相場は、「一般社団法人 経済調査会」のデータを参照することで明らかとなります。

データによると、シロアリ駆除費用の坪あたりの全国相場は、「10,725円(1㎡あたり3,250円)」と明らかにされています。

こちらのデータを見て、何かわかりませんか。

さきほどご紹介したJA、ダスキン、カインズのシロアリ駆除費用の目安よりも、全国平均値が高いものとなっています。

つまりこの事実が意味するものは、ホームページに記載している目安の金額ではほとんどの人が収まっていないということです。

JAや大手駆除業者が全国シロアリ駆除費用相場を引き上げている?

また、駆除平均の駆除費用が高くなっている原因のひとつとして駆除単価の高いJAや大手駆除業者のシェアが非常に大きいという要素もあります。

特に地方のJAの影響力は強く、自分たちでシロアリ駆除業者を探すより、JAに紹介してもらう方が良いという方々が多いのだと思います。

農協はほとんどの場合、自社でシロアリ駆除作業員を現場に派遣しているわけではなく、シロアリ指定業者と業務委託をすることで、シロアリ駆除サービスを提供しています。

そのため、どうしても業務提携先のシロアリ駆除業者にマージンを支払う必要があり、その分、シロアリ駆除費用相場が割高になっているというわけです。

もちろん、農協が選定した業者という安心感はありますので、ここではいい悪いはなく、何を重視するかで業者は選ぶべきだと思います。

WEB集客に力を入れているシロアリ駆除業者にはカラクリがある場合も

JAやカインズのように、業務委託によりシロアリ駆除サービスを提供している企業とはやや異なる形態を採用しているのが、主にインターネットを利用して集客を行うシロアリ駆除業者です。

こちらの平均費用は、坪単価4,000円〜(1㎡あたり1,200円〜)が目安。

一見して、WEB集客を基本としているから、価格が抑えられると思いがちですが、WEB集客を基本としている企業の場合には、下請け企業に安く仕事を依頼しているという要因が挙げられます。

本来WEB集客に力を入れると、1件あたりの成約を獲得するために5,000円以上の広告費をかけていますので、この坪単価でシロアリ駆除を提供するのは難しいです。

WEB集客に力を入れているシロアリ駆除業者の下請け企業の中には、少人数経営や個人経営で、保証や企業コンプライアンスが定まっていない場合もあり注意が必要です。

本来のシロアリ駆除費用相場は坪単価5,000円〜になる

さきほどもご紹介しました通り、全国平均シロアリ駆除費用の相場は、「10,725円(1㎡あたり3,250円)」でした。

しかし、農協やダスキン、カインズなどの大手企業による下請け企業へのマージンの支払い分を換算しなければ、本来坪単価5,000円〜に設定することも可能と計算できます。

これを踏まえて、シロアリ駆除費用は、単に割高だから信頼できるというものでもなく、WEB集客業者に代表されるように、割安だからお買い得という問題でもありません。

もっとも重要なことは、価格帯とお見積もり内容やアフターサービスなどが見合っているかです。

次章では、シロアリ駆除業者で失敗しないための具体的な選び方のポイントについてご説明致します。

失敗しないシロアリ駆除業者の選び方をご紹介します

ここまで、シロアリ駆除における本来の費用目安やなぜシロアリ駆除全体の相場が引き上がっているかご理解いただけたのではないでしょうか。

ここからは、失敗しないシロアリ駆除業者の選び方について詳しくご紹介致します。

日本しろあり対策協会に所属しているかどうか

出典:公益財団法人 日本しろあり対策協会

https://www.hakutaikyo.or.jp/

公益社団法人 日本しろあり対策協会」とは、木造建造物のシロアリ被害や腐朽を防止する目的で、国土交通大臣の認可をうけて結成された法人のこと。

日本しろあり対策協会に所属できるシロアリ駆除業者は、シロアリ被害の調査や駆除、防除に対し安全に施工できる業者のみが登録を許されています。

シロアリ防除講習会」や「防除施工士の検定、登録」を行っており、所属しているシロアリ駆除企業の技術やサービスが担保されているのです。

このことから、日本しろあり対策協会に所属している業者かどうかも選ぶ際の選択肢にすると良いでしょう。

日本しろあり対策協会に所属している業者かどうかは、日本しろあり対策協会公式ページの「会員名簿」より閲覧可能ですので、ぜひ参考にしてください。

日本しろあり対策協会「会員名簿」ページへ

https://www.hakutaikyo.or.jp/meibo

中間業者を挟んでいるか

シロアリ駆除業者選びで、失敗しないためには「中間業者」を挟んでいるかも重要です。

たとえば、これまでご紹介した通り、WEB集客を基本としているシロアリ駆除業者の中には、中間業者と呼ばれる下請け企業を何社か挟み、安く発注しているために、コンプライアンスや保証内容が疎かになるケースも存在しています。

中間業者を挟んだことにより、サービスにどのような影響があるのか事前に把握しておきましょう。

中間業者を挟んでも、保証内容がしっかりしている、お見積もり内容の詳細が分かる、追加工事についての説明がしっかりしている場合には、安心できますよね。

地域特性がお見積もり内容に含まれているか

シロアリ駆除業者を選ぶ際は、地域特性を踏まえたサービスとなっているかを見極める必要があります。

たとえば、東京や大阪をはじめとする大都市圏では、建坪が小さく、㎡あたりの費用はどうしても割高となってしまいます。

さらに、湿気の多い地域でのシロアリ駆除では、別途「湿気対策工事」や「床下防腐防カビ殺菌消毒」など追加工事が増える可能性も。

さらに、建物の構造上の問題で床下に入りこめる隙間がない場合には、壁や床に薬剤を注入するための工事が必要になることもあります。

これらの別途必要となる費用が、きちんとお見積もり内容に含まれているか、または作業員から丁寧な説明があるかも重要です。

工法の違いを丁寧に説明してもらえるか

シロアリ駆除の工法には、大きく分けて「バリア工法」と「ベイト工法」という種類があります。

バリア工法とは、別名「薬剤散布法」とも呼ばれており、シロアリの巣に薬剤を直接注入し、効力の高い薬剤を使用するため、一度に多くのシロアリを駆除できます。

さらに短期間に終了することから、「標準料金:2,430円(税込)〜/坪」とリーズナブルな費用で済みます。

その反面、薬剤の成分がアレルギー体質の方や、小さなお子様、ペットなど人や環境に影響があり使用には注意が必要です。

ベイト工法とは、人やペットに優しい成分の薬剤を使用しますが、基本的にシロアリを徐々に死滅させる方法で一度に高い効果を発揮できるものではないことから、定期的な点検や管理が必要で、「標準料金:4,017円(税込)〜/坪」と割高となります。

このように、工法の違いだけで費用面や環境に対しての配慮があることから、しっかり作業範囲、手順について説明してくれるシロアリ駆除業者かを確認しましょう。

事前調査はしっかりと行われるか

安さをうたい飛び込み営業をするなどの悪質シロアリ業者は、「事前調査をさせて下さい」と住宅訪問をし、簡単に家全体を見回り、家の状況を確認したあと、シロアリの被害をしっかり確認もせず、見積もりを出すケースが見られます。

特に、シロアリの事前調査に床下のチェックは欠かせませんが、これを怠り、ごく短時間でお見積もりを出すケースは、悪質業者である可能性が高いです。

通常、しっかりとしたシロアリ駆除業者ですと、事前調査に「最低1〜1.5時間」は費やします。

また、作業員には会社名や所属が記載された名札の着用を義務付けている場合もあり、調査中にあたっても実際に依頼者立会いのもと、現場確認をしながら進めるのが通常です。

お見積もりの算出までの過程から、信頼のできるシロアリ駆除業者かどうかはある程度把握できますので、しっかりと確認しておきましょう。

お客様への説明は丁寧で誠実か

これはシロアリ駆除業者に限ったことではありませんが、お客様へのサービスやお見積もりの説明が曖昧であったり、適当である場合は、優良業者とは言えません。

優良なシロアリ駆除業者は、1つ1つ作業内容を丁寧に進めますし、お見積もり内容についても依頼者の立場から誠実な対応をしてくれます。

また、作業報告書にあたってもきちんと提出する場合がほとんどです。これらの対応の違いから、信頼できるシロアリ駆除業者か判断できます。

シロアリ駆除業者の社歴を確認しよう

シロアリ駆除業者には、確かに悪質業者も存在します。

しかし、そのような業者は、インターネット上に悪い口コミが記載されていたり、公式ホームページが存在しなかったり、社歴が短いなどどこかに疑問の残ることが多いです。

その一方で、優良シロアリ駆除業者は、社歴が長く、サービス内容や企業情報まで詳細にホームページに記載されています。会社理念なども、しっかりと確認することで、悪質業者か否かをある程度判断できるのです。

5年間無料保証の内容を確認しよう

バリア工法(薬剤散布法)により、薬剤散布を行なってもその効力は、一般的に5年間と決まっています。

どんなに正確な駆除を施しても、薬剤で処理しきれないシロアリがいる場合もあり、定期点検は欠かせないのです。

ほとんどの優良業者の場合は、この定期点検が無料保証期間に含まれているのですが、悪質業者の場合は保証期間にも関わらず何1つ対応してくれないなどの事例も見られます。

このようなことから、5年間の保証期間中にどこまでフォローしてくれるのかも、事前に確かめておく必要があるのです。

まとめ

シロアリ駆除業者の選び方で失敗をしないためには、業者の種類や特徴をしっかりと把握した上で、本記事でご紹介したような選び方のポイントを確認してみてください。

また弊社は、シロアリ駆除において全国に営業所を構えているシロアリ駆除の専門サービスを提供しております。

本文中にご紹介したような、ネット広告で集客しているシロアリ業者とは異なり、これまでお付き合いのあるお客様と自社ホームページのみで運営しているため、広告費を使用しておりません。

自社で直接、お客様にサービスをお届けできるため、大手企業のシロアリ駆除よりも割安な価格でシロアリ駆除を承っております。

また、緊急夜間対応やエリア内即日対応、さらに施工後5年間のアフターサービスにより、万が一シロアリが再発した場合でも対応可能です。

どのシロアリ業者が良いのかわからない

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談頂けますと幸いです。ぜひ、弊社を他社とのお見積もりをご検討の際にもご利用ください。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー