シロアリ駆除でお困りの方は、安く安心なシロアリメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どこよりも安く確実なシロアリ駆除シロアリメンテナンス

ブログ

なぜ駆除が必要?シロアリ駆除を行う必要性について

シロアリ駆除の豆知識
2019.03.26

シロアリの存在を確認したら、早目に駆除を依頼することをオススメしています。しかし、人によっては「たかが小さな虫ごときに」と考え、シロアリを駆除せずに放置することがあります。そこで、シロアリ駆除の必要性について解説します。

日本全国に生息するシロアリたち

日本は、北海道などの寒い地域を除き、全国ほぼ全域にシロアリが生息しています。その生息範囲の広さは、十分なシロアリ対策をしていないと50%の確率でシロアリの被害を被るとまでいわれています。

シロアリを駆除しないとどうなるのか?

昔からテレビコマーシャルなどで「シロアリ=家を食べる」というイメージがあると思います。もちろん家の何もかもを食べるというわけではありませんが、木造建築の多い日本の住宅では、その建材として使用されている木材がシロアリの被害を受けることになります。

建物にとって重要なパーツとなる建材も、容赦なくシロアリの被害の対象になるでしょう。シロアリの行動だけで建物がどうにかなることはないのですが、問題は日本という国の「震災の多さ」にあります。

建材がシロアリによって食い散らかされると、当然ながら建物の耐久性が低下します。そんな状態で地震や台風などが襲ってくると、シロアリの被害を受けていない建物と比較して倒壊のリスクが格段に上昇します。実際に大規模な地震が発生した「阪神大震災」では、倒壊した建物の8割がシロアリの被害を受けていたというから驚きです。

また、倒壊のリスク以外にも、建物の耐久性が低下することによる被害があります。建物の耐久性が低下するということは、その建物の資産価値が低下することでもあります。売却する際には価格が下がり、リフォームする際には被害の程度に応じて高額な費用が掛かることになるでしょう。

業者に依頼すれば費用が掛かるけれど…

シロアリ駆除をしっかりと行うためには、自力で行うよりも業者に依頼することをオススメします。もちろん、業者に依頼すれば費用が掛かり、1坪あたりの費用相場は安いところで4000円から1万円程度の費用が発生します。

シロアリ駆除に限らず、業者に依頼する際には費用の支払いがデメリットとなります。しかし、もしシロアリの被害を放置して建物の耐久性が低下すれば、いざという時にはそれ以上の損失が発生することは明らかです。将来的なデメリットやリスクを回避するためにも、相応の費用を払ってでもシロアリ駆除をしてもらう必要があるのです。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー