シロアリ駆除でお困りの方は、安く安心なシロアリメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どこよりも安く確実なシロアリ駆除シロアリメンテナンス

ブログ

シロアリに家を食べられたくない!シロアリ予防はどうすればいいの?

シロアリ
2019.03.18

誰だって、自分が住んでいる家をシロアリに食べられたくはないでしょう。病気にも同じことが言えますが、こういったデメリットには適切な「予防法」が存在するはずです。そこで、シロアリの予防法について解説します。

シロアリの存在を確認する

まずは、そもそも予防だけで良いのか、それとも本格的な駆除をしたうえでの予防措置が必要なのかを知る必要があります。すでに建物内にシロアリが侵入していないか、建物周辺にシロアリが好む環境が形成されていないかなどを確認しておきましょう。

主に以下のポイントを押さえておくことをオススメします。

・建物のひび割れや隙間

・冬場に結露する箇所

・建材に傷みや腐敗がみられる

・建物周辺に木材や樹木がある

・建材から空洞音が発生する

・春に羽アリを見かける(群飛しやすい時期)

・室内に木くずが落ちているのを見かける

・蟻塚や蟻道がある

防除剤を散布する

シロアリに侵入されそうな場所を特定したら、そこに「防除剤」を散布します。散布の方法はシロアリのエサとなる木部に吹き付けるか、近辺の土壌部分に吹き付ける方法があります。どちらもシロアリ予防には十分な効果を発揮してくれることでしょう。

なお、防除剤の使用量を最小限に抑えるためには、いくつか注意しておきたいポイントがあります。例えばシロアリの侵入経路になりそうな建物のひび割れや隙間があれば、前もってメンテナンスしておきましょう。また、建物周辺に木材などシロアリのエサとなる物があれば、片づけておくことをオススメします。

本格的に対処するなら業者に依頼を

本格的にシロアリ対策したいのであれば、シロアリの駆除業者に依頼することをオススメします。シロアリ対策はホームセンター等で必要な物品をそろえて自力で行うことも可能ですが、対策結果を考えると十分であるかどうかは疑わしいです。

先ほどのポイントを押さえてシロアリ予防を行うことで、シロアリによる被害を抑えることはできるでしょう。しかし、シロアリ被害が発生する箇所をすべて特定して防除剤を散布することは難しく、防除していない箇所がシロアリの被害を被る可能性があります。シロアリの被害を受けやすい箇所をすべて特定するのは、シロアリ駆除に詳しくない人には難しいことなのです。

また、すでにシロアリの被害が発生している場合には、予防策を講じるだけでは不十分です。駆除も含めてシロアリ対策をしっかりとしたいのであれば、シロアリ駆除業者に依頼して対策してもらうことをオススメします。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー