シロアリ駆除でお困りの方は、安く安心なシロアリメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どこよりも安く確実なシロアリ駆除シロアリメンテナンス

ブログ

シロアリ対策は必要!その重要性について解説

シロアリ駆除の豆知識
2019.03.27

皆さんは「シロアリ」の危険性について、どこまでご存知でしょうか?ひょっとしたら、自分にとってシロアリやその被害は完全に他人事であると考えている人がいるかもしれませんが、実はそうでもありません。そこで、シロアリ対策が誰にとっても必要なことである理由について解説します。

シロアリは全国に生息している

種類によって具体的な生息地域は異なりますが、基本的に日本に住んでいればどこでもシロアリ被害が発生してもおかしくないことを理解しましょう。特に生息地域の広い「ヤマトシロアリ」は日本のシロアリ被害の大半を占める種類であり、寒い地域が苦手なものの昨今の地球温暖化の影響によりその生息可能地域をどんどん広げています。

さらに、関東以西の太平洋側に生息している「イエシロアリ」は、ヤマトシロアリよりも生息地域が限定されるものの1つのコロニーに数十倍の頭数を抱え、食害の被害速度も速いです。

加えて、最近では日本に生息していなかった「アメリカカンザイシロアリ」というシロアリの被害も目立つようになりました。これは輸入家具や輸入木材などに紛れて日本に上陸したとされるシロアリであり、従来の駆除方法が適合するかどうかは不明瞭です。

大地震が起きた時に倒壊するリスクが高まる

さて、日ごろからシロアリ被害が発生してもおかしくない日本ですが、日常的に「シロアリ被害でどうこうなった家」という話は聞かないと思います。実際、シロアリによる被害は目立つものではなく、なかなか発覚しないものです。つまり、何か目立った被害を起こすような食害を起こさないということになるのですが、あくまでも目立たないというだけで、実は相当なリスクを抱えることになるのです。

かの有名な「阪神大震災」の際、数多くの建物が倒壊したことが知られています。その倒壊した建物の8割がシロアリによる被害を受けていたことは、あまり知られていません。つまり、その規模の大地震が発生した際、シロアリの被害を受けている家はそうでない家と比較して倒壊するリスクが高まるということなのです。

阪神大震災以降も、全国各地で大地震が何度も発生しています。昨今は建物の耐震性について注目されていることで倒壊のリスクは抑えられているとはいえ、シロアリ被害を受けてしまえばどうなるかわかりません。

しっかりとした防除は業者に依頼する

シロアリ対策には薬剤を使用することが多く、その薬剤はホームセンター等で販売されています。つまり、素人でも手軽に使用できるということですが、しっかりと防除するためには業者に依頼することをオススメします。薬剤を使用すれば100%シロアリを防ぐことができるというわけではなく、適切な使用法により初めて効果を発揮してくれます。適切な使用法を実践することができるのは、プロである業者に他なりません。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー