シロアリ駆除でお困りの方は、安く安心なシロアリメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どこよりも安く確実なシロアリ駆除シロアリメンテナンス

ブログ

シロアリ対策は業者?それともDIY?それぞれのメリットとデメリットを徹底解説

シロアリ駆除の豆知識
2019.11.21

「シロアリ対策したいけど、業者に任せっきりでいいのかしら?」

「自分でシロアリ対策できれば費用が節約できる?」

シロアリ対策を「業者に任せる」か「DIYで自力で行う」か、悩む人は少なくありません。

それぞれのメリットとデメリットを知ることで、シロアリ対策をどのように行うべきかを知る手掛かりになるでしょう。

この記事では、シロアリ対策を業者に任せる場合と自力で行う場合、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

業者にシロアリ駆除を依頼するメリット

業者にシロアリ駆除を依頼すれば「完全駆除が可能である」といったメリットがあります。

ポイント
  • ・シロアリを完全に駆除することができる
  • ・シロアリ駆除にかかる手間が最小限で済む
  • ・シロアリ駆除のための作業でケガをしなくて済む
  • ・シロアリ駆除に必要な道具を購入しなくて済む

 

シロアリを完全に駆除することができる

シロアリ駆除を業者に依頼することの最大のメリットは「シロアリを完全に駆除できる」という点です。

シロアリは、目に見えている個体や巣の表面だけを駆除しようとしても、その被害の拡大を抑えることはできません。

ポイント
  • ・シロアリの巣は広範囲に及ぶ
  • ・シロアリの巣は人の手の届きにくい場所にある
  • ・シロアリは1つのコロニーに数万~100万匹の個体数が存在する
  • ・シロアリは警戒心が強く、刺激を与えると逃げられてしまう
  • ・生き延びたシロアリは数を増やしつつ食害の範囲をどんどん広げてしまう

巣食っているシロアリを巣ごと完全に駆除しなければ、シロアリの脅威を取り去ることはできないのです。

自力でシロアリ駆除を行おうとしても、完全駆除は難しく、表面的な駆除だけに満足してしまい、知らず知らずのうちに自宅をシロアリに食べ進められてしまいます。

シロアリ駆除業者はシロアリの生態を把握したうえで、それに則って駆除作業することが可能なので、巣食っているシロアリを根絶し、シロアリ被害を食い止めてくれるのです。

シロアリ駆除にかかる手間が最小限で済む

シロアリ駆除を業者に依頼すれば、住人がシロアリ駆除のためにかけなければならない手間は最小限で済みます。

業者に依頼する場合だと、住人がすべきことは以下の内容に絞られます。

ポイント
  • ・業者の選定
  • ・床下への侵入経路の確保
  • ・自宅の見取り図の用意
  • ・作業の邪魔になる物品の撤去、掃除など

本命となるシロアリ駆除に直接関係する作業については、すべて業者に一任することが可能です。

住人がすべきなのは、シロアリ駆除業者がスムーズに作業できるように前もって準備しておくだけであり、駆除自体にかかる手間を考えればちょっとした手間に終始します。

せっかくの休日をシロアリ駆除だけに費やしてしまうのはもったいないですから、作業は業者に任せて最低限の手間だけでシロアリ被害を根絶しましょう。

シロアリ駆除のための作業でケガをしなくて済む

シロアリ駆除を業者に任せれば、住人は作業中にケガをしなくて済みます。

シロアリ駆除のためには、以下の場所に入る必要があります。

ポイント
  • ・床下
  • ・浴室
  • ・玄関
  • ・屋根裏

浴室や玄関はまだしも、床下や屋根裏のように狭くて入り込むこと自体が難しい場所での作業が中心となるため、そうした作業に慣れていないと建材などに体を打ち付けてケガしてしまう可能性が高くなります。

作業中のケガは危険であり、無事に作業を終えられなくなってしまうケースも十分に考えられます。

シロアリ駆除業者に任せれば、住人はケガのリスクがある本格的な作業をする必要がありませんし、業者は駆除作業のプロですからケガには十分注意して作業してくれるでしょう。

シロアリ駆除に必要な道具を購入しなくて済む

シロアリ駆除を業者に依頼すれば、シロアリ駆除のための作業に必要な道具などを購入する手間が省けます。

シロアリ駆除を行う場合、一般的に以下の道具を必要とします。

メモ
  • ・ヘッドライト
  • ・ゴーグル
  • ・マスク
  • ・防護服
  • ・軍手またはゴム手袋
  • ・シロアリ駆除用の薬剤
  • ・その他、作業に必要な道具

中には以前から保有しているものもあるかもしれませんが、シロアリ駆除用の薬剤など一般家庭には置いていないような道具を揃える必要があります。

一式そろえようと思えば、数万円の出費は免れませんし、ホームセンターやネットショップを利用しての購入の手間もそれなりにかかります。

シロアリ駆除を業者に依頼する場合、家の見取り図など住人が用意しなければならないものもありますが最小限で済みます。

害虫駆除専門家の一言アドバイス
シロアリ駆除を業者に依頼すれば完全駆除が可能であり、さまざまな手間を省くことができます。

 

業者にシロアリ駆除を依頼するデメリット

業者にシロアリ駆除を依頼すれば、費用面などでデメリットに感じる可能性があります。

ポイント
  • ・費用がかかる
  • ・日程の調整が必要になる
  • ・悪質業者に騙される可能性がある
  • ・知らない人(業者)を家に入れなければならない

 

費用がかかる

シロアリ駆除を業者に依頼する場合、どうしても「費用」がネックになる可能性があります。

シロアリ駆除は、業者によって料金設定が異なります。

業者のタイプ 設定料金
A社 個人経営・小規模 2500円~/坪
B社 中規模業者・地域密着 4000円~/坪
C社 中規模業者・全国対応 5500円~/坪
D社 大手上場企業・全国対応 9000円~/坪
E社 農協系業者 12000円~/坪

一般的に「個人経営」「中小規模業者」であるほど料金設定は安くなる傾向にあり、「大規模業者」「全国展開している業者」ほど料金設定が高くなる傾向にあります。

いずれにしても施工面積あたりで料金設定がされていることが多く、敷地面積の広い家であるほどに料金は高額になります。

その他、特殊な施工内容になるほど料金がかかる仕組みになっていることが多く、最終的に数十万円の費用がかかるケースが多いです。

費用には薬剤などの料金だけでなく「人件費」の部分も大きく、業者に依頼することによる金銭的な負担については多くの人が気にしているでしょう。

日程の調整が必要になる

業者にシロアリ駆除を依頼する場合、どうしても「日程の調整」が必要になります。

ポイント
  • ・業者が人員を避ける日程でないといけない
  • ・依頼者が自宅にいる日程でないといけない
  • ・その両方を満たす日程を調整しないといけない

業者が都合が良い日程でも依頼者の都合が合わなかったり、依頼者の都合は良くても業者の方で人員を確保できない日程であるなど、どうしてもマッチングがかみ合わないことはあります。

業者に駆除を依頼する以上、まずはシロアリ被害の状況や場所を調査し、見積もりを出し、納得したうえで契約して施工に移る、これらのプロセスは業者と依頼者の両方の都合が合わなければ進めることができません。

どうしても家を空ける日が多い人の場合、なかなか業者との日程調整がうまくいかないこともあるでしょう。

悪質業者に騙される可能性がある

シロアリ駆除を業者に依頼するにあたって「悪質業者」に引っかかってしまう可能性がある点は無視できません。

悪質業者には、以下の特徴があります。

ポイント
  • ・安い価格設定でありながら、施工後に追加料金などを請求される
  • ・不要な施工で料金を高くしようとする
  • ・シロアリ駆除の技術力に乏しい
  • ・調査説明の内容に虚偽が含まれている

真っ当な業者と比較して料金や施工技術に何らかの問題を持つ業者であり、正当なサービス提供と料金請求を行わないことにより満足度の極めて低い結果をもたらす可能性が高いです。

特に、シロアリ被害におびえてしまい、慌てて業者に依頼した際に悪質業者にひっかかってしまうリスクが高まります。

真っ当な業者が多いのですが、どうしても一部の悪質業者に引っかかってしまう可能性は否定できません。

知らない人(業者)を家に入れなければならない

業者に駆除を依頼するということは、「知らない人を家の中に入れなければならない」ということでもあります。

シロアリ駆除の作業は「床下」を中心に、家の中が作業の中心となりますので、業者に依頼するにあたっては担当者に家の中に入ってもらう必要があります。

真っ当な業者であれば悪いことをすることはありませんが、中には窃盗などの犯罪を犯す人もいますし、そうでなくても「知らない人を家に上げる」ことに抵抗を感じる人は少なくありません。

他人を家に上げるからには片付けも必要になりますし、何かしらデメリットに感じることは否定できません。

害虫駆除専門家の一言アドバイス
シロアリ駆除を業者に依頼するにあたっては費用面などを気にする必要があります。

 

DIYでシロアリを駆除するメリット

DIYで自力でのシロアリ駆除を実現することができれば、費用面などで住人にメリットがあります。

ポイント
  • ・シロアリ駆除の費用を抑えられる
  • ・好きなタイミングでシロアリ駆除を行える
  • ・知らない人を家に入れなくて済む
  • ・悪質業者に騙されるリスクがない

 

シロアリ駆除の費用を抑えられる

DIYでシロアリ駆除をすれば、人件費の分だけ駆除にかかる費用を抑えることができます。

前述のとおりシロアリ駆除には坪あたり数千円~1万円ほどの費用がかかり、施工内容によっては数十万円の費用が発生する可能性があります。

DIYでシロアリ駆除を行う場合、人件費の部分だけ丸ごと費用を浮かせることができるため、費用を抑えてシロアリ駆除を実施したい場合にメリットが大きいです。

好きなタイミングでシロアリ駆除を行える

シロアリ駆除をDIYで行う場合、住人の好きなタイミングで速やかにシロアリ駆除を行うことができます。

シロアリ駆除を業者に依頼する場合、以下の手順で作業してもらうことになります。

ポイント
  • ①業者を選定する
  • ②調査・見積もりを依頼する
  • ③予定した日程で業者に来てもらい、調査と見積もりを出してもらう
  • ④内容に納得すれば契約する
  • ⑤予定した日程で業者に来てもらい、施工をしてもらう

基本的に「調査と見積もりをしてもらう日」と「シロアリ駆除のための作業・施工を行う日」は別の日になるため、この2回のタイミングについて日程の調整が必要になります。

業者の規模にもよりますが、依頼するタイミングによっては業者の方でなかなか都合がつかず、依頼者と業者の日程のマッチングがうまくいかないことも珍しくありません。

DIYでシロアリ駆除を行う場合、業者に依頼することがないので住人の都合の良いタイミングでシロアリ駆除を行うことができます。

知らない人を家に入れなくて済む

シロアリ駆除をDIYで行う場合、業者などの他人を家に入れる必要がありません。

基本的にその家の住人だけで行うので、来客用に掃除などの準備をする必要がなく、余計な手間をかけずに済むのです。

悪質業者に騙されるリスクがない

シロアリ駆除をDIYで行う場合、業者に依頼するにあたってのリスクの1つ「悪質業者に騙される」というリスクを完全に回避することができます。

シロアリ被害に冷静さを失ってしまうと、普段であれば引っかかることがないような悪質業者に依頼してしまい、相場以上の料金を請求されたり、まともな施工をしてもらえない可能性もあります。

DIYであれば業者が介在する余地がありませんので、悪質業者にも当然ながら引っかかる可能性はゼロになるのです。

害虫駆除専門家の一言アドバイス
DIYであれば費用は最小限、好きなタイミングでシロアリ駆除できる点がメリットになります。

 

DIYでシロアリを駆除するデメリット

DIYでのシロアリ駆除には、完全駆除が難しいといったデメリットがあります。

ポイント
  • ・完全駆除は難しい
  • ・作業に手間がかかる
  • ・作業中にケガをする可能性がある
  • ・道具の購入費用だけでも数万円はかかる

 

完全駆除は難しい

DIYでシロアリ駆除することの最大のデメリットは「完全駆除が難しい」ことです。

シロアリ対策は以下の3つに分類されます。

ポイント
  • ・シロアリ駆除
  • ・シロアリ予防
  • ・シロアリ点検

まず、建物内のシロアリを駆除して、シロアリが近づかないように予防策を施し、定期的に点検と予防のための再施工を行うことでシロアリ被害を防ぐことができます。

もし、シロアリ駆除が完璧ではないと、いくら予防と点検を行ってもシロアリ被害は進行してしまうため、予防と点検が何の意味も持たなくなってしまいます。

つまり、シロアリ対策で最も重要なのはシロアリ駆除、それも完全駆除が必要不可欠なのです。

シロアリは広大な巣に何万匹という単位で生息しており、これらを完全に駆除することは素人には簡単なことではありません。

駆除できたと安心しきったり、逆に「駆除しきれていない」と不安に駆られてしまうこともあるでしょう。

いずれにしても、素人には難しい完全駆除が重要なシロアリ駆除において、シロアリの生態に詳しくない素人が手を出すことはあまりおすすめできません。

作業に手間がかかる

シロアリ駆除には、相応の時間がかかります。

休日に数時間程度と考えていたら、予想外の時間を費やしてしまうケースも多いでしょう。

最低でも3時間はかかるとされており、手間がかかるケースだと丸1日かかることも十分に考えられます。

業者に依頼すれば丸投げできるような作業も、DIYだとすべて自分でしなければならなくなります。

業者には人件費を含めた料金を支払うことになりますが、せっかくの休日の時間を費やすことを考えるとさほど高額な出費にはならないのではないでしょうか。

作業中にケガをする可能性がある

シロアリ駆除をDIYで行う場合、どうしても「ケガ」のリスクは避けられません。

床下での作業が中心となりますが、せまく、建材がむき出しの場所で作業するとなると、どうしてもケガをしてしまう可能性は捨てきれないのです。

業者に任せれば作業を丸投げできますのでケガすることは基本的にありませんが、DIYだとケガのリスクを考慮したうえで作業しなければならなくなるのです。

道具の購入費用だけでも数万円はかかる

シロアリ駆除をDIYで実施する場合、さまざまな道具を必要としますが、当然ながらそれらの購入には費用がかかります。

メモ
  • ・ヘッドライト
  • ・ゴーグル
  • ・マスク
  • ・防護服
  • ・軍手またはゴム手袋
  • ・シロアリ駆除用の薬剤
  • ・その他、作業に必要な道具

商品にもよりますが、最低でも数万円の出費は免れません。

シロアリ駆除には数十万円の費用がかかる可能性がありますが、これらの道具の購入費用を差し引くと、さほど高額な出費には感じないかもしれません。

中にはほかの行動に流用できる道具もありますが、基本的に普段使いするものではありませんし、持っていても収納の邪魔になるのが関の山です。

害虫駆除専門家の一言アドバイス
完全駆除が難しいDIYでのシロアリ駆除はあまりおすすめできません。

 

まとめ

この記事では、以下の内容について解説しました。

ポイント
  • ・業者に依頼すれば完全駆除が可能である
  • ・業者に依頼すると費用がかかる
  • ・DIYだと費用を抑えられる
  • ・DIYだと完全駆除が難しい
  • ・DIYシロアリ駆除に必要な道具の購入費用に数万円はかかる

シロアリ被害は大地震における建物の倒壊リスクを大幅に上げるとされており、資産価値の低下も含めてデメリットが大きく、被害を最小限に抑えるためにも完全駆除を中心としたシロアリ対策は欠かせません。

業者に依頼すると相応の費用はかかりますが、完全駆除できない場合のシロアリ被害の拡大による修繕費用を考慮すれば決して高い出費とは言い切れません。

業者に支払う費用が気になる場合は、複数社のシロアリ駆除業者に見積もりを依頼し、安い料金で施工を請け負うことができる業者を探すことをおすすめしますが、あまりにも安すぎる料金を提示した場合には「悪質業者」である可能性を考慮しなければなりません。

The following two tabs change content below.
斎藤隆

斎藤隆

シロアリメンテナンス2代目管理人。大手の害虫駆除会社から転職で現職へ。現場経験を生かして読者のためになる情報を発信していきます。趣味はアクアリウム(^_^;)
斎藤隆

最新記事 by 斎藤隆 (全て見る)


プライバシーポリシー