シロアリ駆除でお困りの方は、安く安心なシロアリメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 どこよりも安く確実なシロアリ駆除シロアリメンテナンス

ブログ

シロアリ被害を確認するための床下調査のポイントを解説

シロアリ駆除の豆知識
2019.03.27

シロアリ被害は、主に床下の建材をチェックする必要があります。しかし、ただ床下を見れば良いというわけではなく、チェックすべきポイントをしっかりと押さえておく必要があります。そこで、シロアリ被害を確認するための床下調査のポイントについて解説します。

湿気やカビ臭さには要注意

まず、床下を開放してみて「湿気」や「カビ臭さ」を認識したら、床下チェックは慎重に行う必要があります。湿気た場所はシロアリが好む環境であり、床下にシロアリが潜んでいる確率が高くなります。

人が入り、移動できるスペースがあることを確認

次に、その床下に人が入り込めるスペースがあることを確認してください。どの家の床下も同じ構造をしているわけではなく、建物によって床下の構造やスペースは大きく異なります。

また、床下に入り込んでも、ほかの部屋の床下に移動できるかどうかは別です。移動できる場合、十分なスペースがあることを確認しましょう。また、いざという時には助けてもらえるように、床下への侵入箇所に誰か立っていてもらうことをオススメします。

蟻道(ぎどう)を確認する

床下にシロアリが潜んでいるかどうかは「蟻道」を確認するのが一番です。

床下の地面と木材の間には、基礎となる建材があり、木材以外は基本的にシロアリに食べられません。地面に巣を作ることが多いシロアリは、移動の起点となる地面とエサとなる木材の間に土で通り道を作り、これを蟻道といいます。土で細いラインが走っていれば、これが蟻道です。

蟻道があるということは、そこをシロアリが通っている証拠です。蟻道の先には木材があり、その木材は蟻道を通るシロアリたちに食べ散らかされていることでしょう。

手っ取り早いのは業者に依頼すること

自分で床下をチェックしてから業者に依頼するのでもよいですが、床下チェックから業者に依頼するのもオススメです。業者によってはシロアリ調査を無料で行ってくれるところもあり、そこから依頼までスムーズに進められるのです。

何より、床下調査する手間と、怪我をするリスク、確実にシロアリを発見できるかどうかといった点も問題となります。床下は狭く、暗いので移動する際に手間がかかります。また、汚れてもよい服装や明かりなどを用意しなければならず、面倒です。何よりも、そんなスペースで蟻道やシロアリの存在を確認できるサインを見逃さないことは、素人よりもプロである業者の方がリスクが少なくなります。

隅々まで調査してシロアリの存在の有無を確認するためには、シロアリ駆除のプロである業者に依頼することをオススメします。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー